資産積み上げ型 アフィリエイト

資産積みあげ型アフィリエイト道自由を勝ち取るための副業的思考

成功しやすいネットビジネスを選ぶ必要性

読了までの目安時間:約 8分
Success

以前お話したように、
今では多くの方が取り組むようになった「情報販売」、あるいは「情報起業」。

 

 

それらの背景にはインターネットがあるのは、すでにお話ししましたね。

 

 

手軽に始められるインターネットビジネスの中でも、
どのビジネスを選ぶかは極めて重要なことです。

 

 

手軽だからといって、軽く考えてしまう人が多いのが現状です。

 

 

自分の現状を基にして、これができるからと始めてしまうのです。

 

 

それで、多くの方が目の前に来たビジネスを選んでしまう。
この心理はよく分かります。

 

 

しかし、これが間違いなのです!

インターネットでうまくいかない人の多くは、
ビジネスの選択を間違えてしまっています。

 

 

たとえ片手間の小遣い稼ぎでいいという人でも、
取り組むビジネスの選択を間違えてしまうと、小遣い稼ぎにもならないでしょう。

 

 

実は、いろんな種類のあるインターネットビジネスでは、
どのビジネスを選ぶのかは極めて重要なことなのです。

 

 

そして、インターネットで、売れるビジネス・売れないビジネスというのは、ある程度、既に分かっています。

 

 

ビジネスである以上、市場つまり、マーケットを考える必要があるのです。

 

 

ということは、あなたがそれらの知識を事前に知っておくことで、
売れるビジネスを作り出す確率を高められるということなのです。

 

 

では、どういうビジネスがインターネットでは難しいのでしょうか?

 

 

それは、

どこででも手に入るような、ごく普通の商品やサービス(コモデティ)は簡単に稼ぐことは難しいのです。

 

 

それは WEB ページの特徴を考えてみれば分かります。

 

・ネットサーフィンという言葉があるように、

 

インターネット上ではクリック1つで他の店舗(ページ)に移動できるから、同じ商品のページへ移動されてしまう。

 

 

・普通の商品やサービスだと、競合が多すぎて価格競争に巻き込まれてビジネスにならない。

・例えば、競合少ないだろう本を扱うとして、Amazon のような大手との違いを打ち出せますか?

 

 

ポータルサイトで収入を発生させるビジネス

ポータルサイトとは、インターネットの入り口となる巨大サイトのこと。

 

 

分かりやすく言えば、検索エンジンに広告が表示されているサイトをイメージすればいいでしょう。

ポータルサイトの意味は、玄関口のような意味なので、それだけでは収入は発生しません。

 

 

というのは、もし、あなたが自分のサイトをインターネットブラウザのトップページに設定しているのなら、

 

 

あなたにとってのポータルサイト(インターネットの入り口)は、あなたのサイトになるからです。

と言っても、

実際には検索サイトをブラウザのトップページにしている人が多いでしょう。

 

 

例えば、Yahoo!、MSN、Excite、Infoseek、Lycos、goo、livedoor などです。

これらのサイトを、インターネットブラウザを立ち上げた時に表示されるようにしたほうが、
調べ物をするときにすぐ検索できるからです。

 

 

そのポータルサイトで収入を得るのが、ポータルサイトのビジネスなのです。

具体的な仕組みは、検索するためにインターネットを利用する人が多いので、
そこに大量の情報量を掲載し、大量の訪問者を集め、その広告やサービスの提供などで収入を得るわけです。

 

 

では、何故、ポータルサイトのビジネスがインターネットで成功しにくいか?

 

・それは、先ほど挙げた大手と競争しなければならないからです。
・あなたは今さら、Yahoo!と競争しますか?

あなたに必要なのは、以上のビジネスモデルを忘れて、
お客にとって魅力的なビジネスを作ること。

 

 

それには、たくさんのライバルを尻目にあなたのビジネスをインターネット上で展開していくために、
あなたにしかないウリがポイントになるのです。(これを USP という)

 

 

例を挙げると、

A 販売するソフトウェアはダウンロード販売のみです。

ソフトのデータサイズが大きいので、
ダイヤルアップの方は時間が掛かることを了承してください。

 

 

というサイトと、

B ソフトウェアを提供します。

 

 

ソフトのデータサイズが大きいですが、お急ぎの方はダウンロードできます。

もし、ダウンロードがうまくいかなければ、CD での販売も承っています。

 

 

この2つのサイトでは、どちらのサイトがより親切だといえるでしょうか?

いろんな人が訪れるインターネットでは、B のサイトが親切でしょう。

 

 

もちろん管理が簡単なダウンロードだけで販売したいというのなら、
それはあなたの判断なので構わないのですが...

もし、あなたが購入する立場だとして、ネットの回戦がダイヤルアップならば、
A のサイトでは待ちきれなくて買わないかもしれませんね。

 

 

このように、クリック 1 つで別のサイトに移動できるインターネット上では、
より明確な USP やコンセプトが必要になってくるのです。

 

 

「ウチは大手サイトより価格が安い!」

だけでは、コンセプトにならないでしょう。

 

 

それは、もっと安いサイトが出てきた場合を考えてみてください。

 

 

あなたは、恐らく価格を下げるでしょう。

 

 

ということは、価格競争に巻き込まれてしまい、
体力勝負になってしまいます。

 

 

それよりも、お客があなたの元を離れてしまいかねません。

 

 

しかし、その前に最初からインターネットで成功しやすいビジネスを見つければ、いいですよね。

 

ネットビジネスについて    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

comment closed

マルの講義に無料登録をして学んでみませんか?