資産積み上げ型 アフィリエイト

資産積みあげ型アフィリエイト道自由を勝ち取るための副業的思考

サイトに合った広告の選択がポイント

読了までの目安時間:約 10分
senden02

私が広告の選定に際して、一番重要視していること、

 

 

それは・・・

 

 

サイトコンセプト・サイトコンテンツと掲載広告が合致しているかどうかということです。

 

 

ユーザー目線で考えたらすぐにわかると思いますが、どんなサイトにどんな広告を貼るかによって喜ばれるサイトなのか、わずらわしいサイトなのかが決まります。

 

 

それには、「あなたのサイトに合った広告がどれか」を知ること。

どれが合っているかを知るには、実際にユーザーとなって登録してみること。

 

 

自転車の試乗の話ではありませんが、お試しが可能な商品やサービスなら、
提携会社のホームページをチェックすることも兼ねて、情報収集するのが後悔しない広告選択につながるはずです。

 

 

いくらマッチした広告でも、リンク先がクロージング(成約)に結びつきにくいサイトだったら、ア

フィリエイトには向きません。

 

 

だから、自分がユーザーになってサイトチェックをすることで、
「これだったら成果に結びつきやすい!」という確認をしておくことは、とっても大切な考え方です。

 

 

イメージしてみてください。
あなたが資料請求をするためにアクセスしたサイトで、
資料請求をどこからすればいいのかわからないサイトだったら、
いくら無料の資料請求サイトでも成果にはつながりませんよね。

 

 

だから、自分のサイトにはどの広告が合っているのか、

 

 

そしてそのサイトが、

ユーザーにとって交通整理されたわかりやすいサイトなのかをしっかり見極めることは、

広告を選ぶ段階でもっとも重要だといっても過言ではないはずです。

 

 

コンテンツにマッチした広告を選び、提携サイトのチェックも済ませた。

 

 

そうしたら・・・最後のひと手間は、
バナー広告とテキスト広告をどう操るかを思案してみますか。

 

 

あるとき、あなたが以下のようなサイトにアクセスしたとします。

 

●ゲームと言えばこれ!

詳細はこちら
↓↓↓↓↓↓
バナー広告

バナー広告

バナー広告

ここで質問です。

 

 

正直なところ、あなたは、このようなバナー広告だらけのサイトから申し込みをしますか?

 

 

私は 100%申し込みしません。
(これは極端な例ですけど)

 

 

そして何よりも、提携サイトへの丸投げを意味する「詳細はこちら」という広告誘導文には、がっかりすると思います。

 

 

でも、ここまで極端でなくても、実はこのようなサイトが意外とあるんです。

 

 

じゃあ・・・私の場合、どうバナー広告とテキスト広告を使い分けているのかを説明していきますね。

 

 

まずキャッシュポイントを置く事が目的のサイトですが、ほとんどテキスト広告で勝負しています。

 

 

そしてサテライト的な無料ブログなどでは
バナーとテキストのバランスを重視して、両者をうまく使い分けます。

 

 

ただ、バナーはメインサイトへの画像リンクとしても利用していますが、
この場合は、ひと手間をかける工夫が必要です。

 

 

バナーとテキストを組み合わせることで、見栄えをよくするという効果もあります。
もちろん、バナーの多用はおすすめしませんが。

 

 

またサテライトサイトでは、テキスト広告をいかに広告としてではなく、
コンテンツの延長として見せるかということにポイントをおいています。

 

 

間違っても、「詳細はこちら」だけは避けたいものですね。

できれば、ユーザーへの「殺し文句を書いてやる!」くらいの気持ちが欲しいとこです。

 

 

これは、あくまでも私の考え方ですが、
広告の選定と広告誘導文の作成はセットに考えるべきだと思います。

 

 

選んだ広告にどんな文句で誘導するか、
これをやろうと思えば、必ずその広告を知る必要性が生まれます。

 

 

無料であれ、有料であれ、他人にアクションを起こしてもらうということ、
そしてそれをあなたのサイトで完結してもらうこと、これがアフィリエイトですよね。

 

 

だったら、この本質を踏まえた広告の選定でなければならないのは、当然のことだと言い切ることができます。

 

 

じゃあどうすればいいのか?

 

 

「○○○を購入することで得られる圧倒的なメリット」

 

 

この事を網羅した文章でなければならないはずです。

 

 

ただ・・・
誘導文まで考えて広告選択をするのは、
初心者の方には、ちょっとハードルが高いかもしれません。

 

 

そこで、私が実践している手っ取り早くて、簡単な広告の選び方を、ここでご紹介しますね。

 

 

それは、自分が選んだジャンルの中で、

「実際に人気のある広告」、
「人気の出そうな広告」、
「ASP への出稿暦が長い広告」

を選ぶこと。(出稿暦が長い広告 = 長い間終了せずに続いている広告)

 

 

もうひとつは、

「誰でも知っている企業が運営しているサービス」や、
「すでに売れている商品」などを、
「ASP の支払報酬急上昇ランキング」などを参考にして選ぶこと。

 

 

他には、

「ASP からの新着、売れ筋情報」などを選ぶときの基準にしています。

 

 

報酬単価の高い安いも気になるところですが、
まずは、自分のサイトコンセプトにマッチした、実績のあるサービスや商品を選択した後で「調整」する・・・というスタンスで考えるようにしています。

 

 

今回は広告の選定というテーマでお話していますが、
キーワードの選定、タイトルやコンテンツの作成という作業と、
広告を選ぶという作業は、常に連動していなければなりません。

 

 

ここから先は、ひとつのヒントとしてお聞き下さい。

私の場合、広告の選定も含め、アフィリエイトに関する作業はすべて、

「もし自分が○○なら・・・」

「自分が○○するとすれば・・・」

という感じでイメージを膨らませながら楽しんでいます。

 

 

・・・で一度膨らませたイメージは、
絶対に無駄にしないという思考なら、次から次へと、お楽しみを探し当てることができるようになります。

 

 

すると・・・単純で味気のない作業が、だんだん面白くなる。

それは、広告の選定でも決して例外ではないんです。

 

「抽象的すぎてなにをいっているのか、まったく見当がつかないよ」

と叱られるかもしれませんが、

 

 

この思考を身につけて実践できたとき、私のアフィリ報酬が急増し始めたのは、紛れもない事実です。

 

 

『一度ふくらませたイメージは絶対に無駄にしない!』って?

ヒントは・・・・・風船をふくらますときのことを想像してみてください。

 

 

風船をふくらますとき、一番力を使うときって、どんなとき?

 

 

ゴ風船をふくらますとき、力を使わなくてもふくらむときって、どんなとき?

 

 

これがヒントです!!

 

ネットビジネスについて ネットビジネスについて 広告選定    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

comment closed

マルの講義に無料登録をして学んでみませんか?