資産積み上げ型 アフィリエイト

資産積みあげ型アフィリエイト道自由を勝ち取るための副業的思考

記事を簡単にサクサク書ける思考

読了までの目安時間:約 9分
genkou02

突然ですが、あなたに質問があります!

 

 

あなたは、一つのジャンルで30のオリジナルコンテンツを作らなければならないとします。

 

 

そこで、あなたのオリジナルな記事作成を、電車が走り出すことに置き換えて考
えてみます。

 

 

あなたは、何種類の電車を想像して30のオリジナルコンテンツをつくりますか?

という質問です。

 

 

例えは良くないかも知れませんが少し考えてみてください。

 

 

考え中・・・・・

想像する電車の数は、人それぞれだと思いますが、答えに正解・不正解はありません。

 

 

これは、私自身が記事作成に四苦八苦していたころ、
どうやったら、もっと省力化できて、
スパムを回避できる記事が書けるかを考えた挙句、たどり着いた思考法です。

 

 

記事を書くことを『電車』が走り出すことに「見立てる」「たとえる」「なぞらえる」としたところがミソです。

 

 

私の答えですが、想像するゴム電車は1種類つまり1つです。

 

 

この事は誰でもしっている事で車などでも同様ですが、
電車が走り出す時に一番パワーが必要とされる時は、最初に車輪を転がす時ですよね。

 

 

最初に車輪が1回転する時、力も一番必要ですし時間それなりに係りますよね。

 

 

記事を書くという事も、これと同じです。

 

 

まっさらなスペースに、文字をちりばめ積み上げて、記事にする作業が一番きつい。

 

 

つまり、どちらもゼロからイチにする作業に最も力を使います。

 

 

記事を書くのに四苦八苦する段階で、この一番きつい作業を30回繰り返そうとすると、ネタ切れが起きたり、疲れたりして、心が折れそうになります。

 

 

でも、一度走り出した電車は、楽々スピードを上げていく事ができます。

 

 

記事を作成する事も同様で、一度書き上げた記事を利用して、記事を書くのも楽だということです。

 

 

ただし、注意点があります。

 

 

記事中のキーワードや言葉をいくつか変えただけじゃだめです!

 

 

また記事を書くときよく言われていること。

 

 

それは・・・、相手に伝わる記事を書くこと。

 

 

読み手の顔を思い浮かべながら書くこと。

 

 

そして、記事を読んだ人を行動させること。

 

 

それには、不特定多数の読み手に向けて書くのではなく、
たったひとりの特別な人に向けて書く気持ちが重要だと思いませんか?

 

 

少し言い方を変えてみますね。

あなたの大好きな人を思い浮かべて、気持ちを精一杯込めた言葉を書く。

そう考えたら、うまい下手の領域ではないし、苦手意識も関係なくなるはずです。

 

 

・・・ということは、記事を書くことは、ラブレターを書くことと同じ。

 

 

「ラブレターを書いたことがない」という人がいたらごめんなさい^^;

 

 

でも、一度でも書いたことがあるなら、その時の自分を思い出してみて下さい。

 

 

たしか・・・・・

好きな男性、好きな女性の顔を思い浮かべながら、
自分の気持ちを相手に伝えようと、一生懸命書いたはずです。

 

 

① あなたがどんな人か?
② どうして相手をすきになったか?
③ どれくらい相手を好きなのか?
④ 相手の好きなところはどこなのか?
⑤ 相手に何を望んでいるのか?

 

意識しないでも、こんなことをストレートに書いていた事でしょう。

 

 

何よりも、ラブレターには、「自分だけを見てほしい」という明確な目標があるから、

 

 

相手の心を動かそうとする魂が、自然に込められる。

 

 

記事を書くコツはわかった。

 

 

でも、成約率が高い記事ってどう書いたらいいかわからない。

 

 

こんな時は、ラブレターを書いた時のことを思い出してみてください。

 

 

書いたことがないなら、ここに書いたことを思い出してください。

 

 

重要なのは、自分の想いを伝えるのは、たったひとりでいいということです。

 

 

それは決して八方美人になることはないということです。

 

 

そう思うだけで、あなたの記事は、
わかりやすい丁寧な文章となって、共感を得やすい記事になります。

 

 

せっかく記事を書いたのに、やっとアクセスが来るようになったのに、成約がない。

 

 

そんなときは、「ラブレター」の話を思い出してくださいね。

 

 

そして、書き終わったら、ラブレターを書いた時のように、最低 1 回は読み直すことも忘れずにね。

 

 

今回は「記事の書き方」について、コツや考え方を話してみました。

 

 

でもこれって、今回の文章を書いている自分にも、
あてはまることがいっぱいあるということに気づきました。

 

 

たとえば・・・

・難しい漢字や専門用語は避けよう。
・相手が不快になるような表現は避けよう。
・遠回しな言い方は避けよう。
・あいまいで抽象的な表現は避けよう。
・いらない言葉は省こう。
・句読点や改行で読みやすくしよう。
・疑問符や感嘆符、かっこを効果的に使おう。
・結論を先に書いて誤解を防ごう。
・良悪の両面を書いて比較してもらおう。
・読み手を想定して書こう。
・役に立つ情報を惜しみなく発信しよう。

 

など、読まれる読みやすい記事の書き方は、いくらでもあります。

 

 

でも・・・肝心なのは、
意識がこういうテクニカルな部分に振り回されるより、

「自分が伝えたいことを伝えたい人に書く」

というシンプルさを見失ってはならないことだと思います。

 

 

そういう基本をしっかり身に着けてこそ、
見栄えであったり、画像を駆使したりすることが生きてくる。

 

 

だから、最初から見栄えを気にしたり、
自己満足の世界に陶酔したりするのは愚の骨頂だと認識してください。

 

 

基本がなってないのに、やたらとテクニックに走るのだけはやめましょう。

また前回、私が新幹線で観察した話をしました。

 

 

人間観察ってアフィリエイトの記事を書く上で、非常に重要な事です。

 

 

その事を常に心の片隅においておきましょう。

 

 

そして、いけると思ったら、躊躇せず、すぐにお試しください。

 

ネットビジネスについて ネットビジネスについて 記事を書く    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

comment closed

マルの講義に無料登録をして学んでみませんか?