資産積み上げ型 アフィリエイト

資産積みあげ型アフィリエイト道自由を勝ち取るための副業的思考

ブログやサイトの記事を継続して書き続けるコツ

読了までの目安時間:約 7分
kizi02

記事を書くのって、正直言って疲れるし、面白くないないですよね。

 

 

だから、どうしても嫌になってくる人が多いのだと思います。

 

 

嫌になるから作業が止まってしまって、いつの間にかアフィリから遠ざかってしまう・・・

 

 

つまり、記事を書くということが、
継続をするためのハードルの1つになっているということですね。

 

 

逆に言うと、このハードルを超えることができれば、
アフィリで稼ぐという目的に、一歩近づくということです。

 

 

では、その方法ですが、とっても簡単なことです。

それは、時間を計測するということです。

 

 

時間を計測することのメリットは、いくつかありますが、大きなポイントは3つです。

 

1.ひと記事何分で書けるのかを知れば、具体的な計画が立てやすい。

具体的な計画を立てることができれば、
作業レベルでより明確な目標を設定することができるし、
10分や20分しかない細切れ時間でも1記事書くことができます。

 

 

1時間しか時間がないときに、1記事20分かかるから、3記事書こう。

こういった目標を立てて、達成感を味わうのは大事です。

 

 

 

2.記事を書くスキルがアップするのを、はっきりと実感できる。

最初の頃は、記事を書くスピードが上がった実感が、なかなか持てないと思います。

 

 

でも、実際は少しずつでも早くなっています。

時間を計ってみると、この成長が目に見えてわかります。

自分が成長していることを実感するのって、やっぱり大事ですよね。

 

 

始めは、1記事書くのに20分とか30分かかる人もいると思います。

でも、トレーニングさえやり続ければ、必ず早くなります。

 

 

 

3.記事を書くという作業に対して、前向きになれる。

「記事を書かないといけない」という義務的で後ろ向きな気持ちが、

「今日は少しでも早くかけるようになろう」

という挑戦的で前向きな気持になり、
ワクワクするので継続しやすくなります。

 

 

「記事なんて書けないし、なんか嫌だな~っ」

と思うと、なかなか手が動きませんし、

「記事を書くのは、結構時間がかかるしな~」

という思い込みが、記事を書くことに対する抵抗力となっています。

 

 

「結構時間がかかる」と思うのと「10分で書ける」と思うのとでは、

イメージが違うと思いませんか?

 

 

「あれもこれもやらないといけないから、記事を書くのは後回し。だって結構時間がかかるから。」

 

 

「あれもこれもやらないといけないけど、1記事10分で書けるから、先に書いちゃお~」

 

 

ちょっとした違いですが、この考え方の違いは、
大きな成果の違いとなってあらわれると思います。

 

 

まずは、「1記事10分」を目標に、トレーニングを続けてみてください。

 

 

タイムウォッチは、携帯の機能としてついているものありますし、100均にもあります。

 

 

PC のフリーソフトなんかもありますので、使いやすいものを使ってください。

ですので、タイムウォッチは、どれがいいですか?

 

 

なんて聞かないでくださいね(笑)

 

 

時間を計測したら、エクセルでも、手描きのノートでもいいですから、

 

・日付
・書いたニュースのジャンル
・時間
・文字数

を1記事ごとに記録しておいてください。

 

 

文字数をカウントすることができるサイトは、無料でいろいろとあります。

 

 

例えばこれ

http://www.f-kikaku.co.jp/p-joy/mojisu.html

 

 

こうやって、ちょっとした作業でも記録をつけて、
達成感を味わいながらスキルアップしていく過程を楽しむのも、アフィリを継続するポイントだと思います。

 

 

つけた記録を半年後に見たら、

「最初は、こんなに遅かったけど、だいぶ早くなったな~」

とか

 

 

「記事が書けないなんて言ってたけど、今では信じられないね~」

となるはずです。

 

 

そのために必要なのは、毎日の積み重ねだけですからね。

読みにくい文章だったり、めちゃくちゃな文章になったり、誤字脱字があったとしても、書きなおしたりせずに、1記事でも多くブログにアップしていきましょう。

 

 

トレーニングなんですから!
それでも、コピペで書いてるブログなんかより、よっぽど価値がありますよ。

 

 

また、どうせ練習するなら時間を有効に活かすためにも

同時に収益が上がる方法でしませんか?

 

⇒その具体的な方法についてはこちらから

 

ネットビジネスについて ネットビジネスについて 記事を書く    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

comment closed

マルの講義に無料登録をして学んでみませんか?