資産積み上げ型 アフィリエイト

資産積みあげ型アフィリエイト道自由を勝ち取るための副業的思考

キーワード選定方法と使い方

読了までの目安時間:約 6分
ki-ikon

稼ぐ為には絶対に必要なのがキーワード選定という事で今回はキーワードの発掘、選定方法と使い方について解説していきます。

 

 

●キーワードを拾う?

広告を選んだら、キーワードを拾います。

 

 

この時のポイントは、キーワードは考えるのではなく「拾う」ということです。

 

 

広告をクリックした先のサイトや、いろいろなところからキーワードは拾っていきます。

「キーワードがわかりません!」とか「キーワードが浮かびません!」

という人も多いですが、難しく考えすぎです。

 

 

そもそも、ほとんどの広告ジャンルが「興味がないジャンル」や「知らないジャンル」 ばかりだと思うので、

 

 

キーワードがすぐ浮かんでくることのほうが珍しいです。

 

 

なので、どんなにキーワードがわからなくても。

どんなにキーワードが浮かんでこなくても、心配ありません。

 

 

なぜなら「キーワードは拾うもの」だからです。

ターゲットを絞り込む

キーワードをそのまま「サイトタイトル」に使用してもいいですが、
これだと誰でも思いつきそうなので、他のアフィリエイターとの差別化を図るために、ちょっと工夫してみましょう。

 

 

検索結果に「サイトタイトル」が出てきたとき、
「思わずクリックしたくなるような言葉」を付けることで、だいぶイメージが変わります。

 

 

また、具体的にターゲットを想像することで、目につく言葉が「より明確」になり、
濃いアクセスを集めることができます。

 

 

ターゲットが決まったら、「思わずクリックしたくなる言葉」を考えます。

 

 

「気持ちが伝わる」 「大切な友達に送る」 「もらって嬉しい」 こんな感じでどうでしょうか?

 

 

では、組み合わせてみます。

 

 

・気持ちが伝わる自分で作れる○○○

・大切な人に送る自分で作れる○○○

・もらって嬉しい自分で作れる○○○

前後を入れ替えてみてもいいです。

 

自分で作れる○○○で気持ちが伝わる

自分で作れる○○○を大切な人に送る

自分で作れる○○○はもらって嬉しい!

 

 

こんな感じです。

 

 

① 自分で作れるデコメ
② 気持ちが伝わる自分で作れるデコメ
③ 自分で作れるデコメで気持ちが伝わる

 

 

この3つが検索結果で出てきたとき、あなただったらどれをクリックしますか?

 

 

好みは人それぞれなので、①の人も②の人も③の人もいると思います。

 

 

でも、このようにしたほうが、他のアフィリエイターと差別化が図れますし、

「デコメで気持ちを伝えたい」と思っているユーザーだったら、

②や③をクリックする可能性が高いと思います。

 

 

他にも、「思わずクリックしたくなる言葉」は、
たくさんありますので、実際に検索して調べてみてください。

 

 

自分が見てみようかな~と思うような言葉だったら、
検索してくるユーザーも同じようにクリックして、
あなたのサイトを見てくれる可能性が高まります。

 

 

今回のキーワード選定方法は、
広告のサイトからキーワードを拾うだけで、十分な量のキーワードが拾えます。

 

 

またどんなジャンル、やり方は大きく変わりませんので、幅広く使える方法です。

 

 

今回のキーワード選定方法をまとめると

広告からキーワードを拾う

組み合わせる

ターゲットを絞る

思わずクリックしたくなる言葉を付け加える

このような流れになります。

 

 

できるだけ多くのキーワードを作成してサイトを作ることで、
たくさんの検証結果を得ることができるので、あまり難しく考えずに、まずは実行されてみて下さい。

 

 

⇒キーワード選定に最高のツールはこちら

 

ネットビジネスについて キーワード ツール キーワード発掘 ツール    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

comment closed

マルの講義に無料登録をして学んでみませんか?