資産積み上げ型 アフィリエイト

資産積みあげ型アフィリエイト道自由を勝ち取るための副業的思考

キャッシングアフィリエイトのキーワード選定

読了までの目安時間:約 12分
ki-ikon3

以前に私は様々なジャンルのアフィリエイトをしていると話しましたがその一つにキャッシングアフィリエイトもあります。

 

 

なので今回はキャッシングアフィリを例にキーワードの探し方についてお話していきます。

 
なのでココでは「キーワード」の考え方のひとつとして
例にあげているだけでキャッシングアフィリを推薦したいという事ではないので
アフィリエイトの初心者さんは特にその事を考慮したうえで聞いて下さいね。

 

 

キャッシングアフィリはライバルが多く難しいといった印象をお持ちの方も多いでしょう。

 

 

金融系は報酬単価が高いですからね。

 

 

低いところで 1 件申込みで 2500 円から高いところで 1 万円超えるところもあります。

 

 

そして特別単価が出やすいのも特徴です。

 

 

報酬単価が高い「美容系」などの他のジャンルでも当然競合が激しいでしょう。

 

 

しかし、コンテンツの内容にもよりますが、
報酬単価が低くても高くてもサイトを作る手間はそれほど変わりません。

 

 

だったら、「単価の高いところを狙った方が報酬伸びるよね」と思いませんか?

 

 

今後、皆さんが継続して 50 万、100 万と稼いでいきたいと考えているなら、
報酬単価の高いジャンルにも参入することをお勧めします。

 

⇒なので初心者の方には報酬単価の高いアダルトアフィリエイトがお勧めです

 

 

ただ、今現在、報酬がほとんど上がっていない状態で一般的にビッグワードと呼ばれ
る「キャッシング」「消費者金融」「カードローン」などの単一キーワードから始めると100%結果は出ません。

 

 

初心者の方が金融アフィリで成果を出すには、上記のビッグワードを絡ませない

 

 

ロングテールでアクセスを集めなければなりません。

 

 

実は、このロングテールでのアクセスは適切なものを選べば 1 日数アクセスでも成果につなげることが出来ます。

 

 

キーワードによっては SEO 対策なしにアクセスを呼び込み成果を出すことが出来ます。

 

 

そして、報酬のアップダウンも出来るだけ抑えることが出来ます。

 

 

それでは、ロングテールのキーワードをリサーチする方法をご紹介します。

 

 

キーワードは自分の頭で考えても出てくるものではありません。

 

 

これまでお金に困ってキャッシングを利用したことのある方ならある程度出てくるかもしれませんが、経験がない方がいくら考えてもたかが知れています。

 

 

キャッシングだけでなくあらゆるジャンルにも言える事ですが、
キーワードやコンテンツに困ったとき

●どこに行けばその情報を知ることが出来るのか?
●どのサイトに行けばキーワードを拾えるのか?
●誰に聞けばリアルにイメージできるか?

という意識を常に持っておきましょう。

 

 

以下いくつかキーワードを拾う方法をご紹介します。

 

教えて!goo (http://oshiete.goo.ne.jp/)
Yahoo!知恵袋 (http://chiebukuro.yahoo.co.jp/)
などの「Q&A サイト」を使って探す方法です。

 

 

こういった「Q&A サイト」は様々な疑問質問が投稿され、その質問に対して良心的な方々が答えています。

 

 

アフィリエイターが自分で質問し自分で答えてサイトに誘導しているような記事も見受けられますが、ほとんどがお金に困った方がどうしてよいか分からず質問しているわけです。

 

 

まずはこれを徹底的に利用して消費者の心理を考え、
どういったコンテンツを提供すれば消費者を誘導することが出来るか考えてみましょう。

 

 

まずYahoo!知恵袋を見てみましょう

WS0

 

カテゴリの中の「ビジネス、経済とお金」をクリックしてみましょう。

WS1
「家計、貯金」カテゴリの中の「ローン」を中心に見ていきましょう。

そうするとお金に関する質問がじゃんじゃん出てきます。

 

 

他にも「家計、節約」や「クレジットカード」のカテゴリも見ておくことをお勧めします。

WS2

これらの質問をひとつずつすべてクリックして中を見ていってください。
必ず全部です。慣れてくると「住宅ローン控除」などのキーワードなどはスルーしてもいいでしょう。

 

 

「Yahoo!知恵袋」でのキーワード探しが終われば、「教えて goo」でもやってください

朝から晩までやっても 1 週間くらいかかります。

 

 

ポイントはお金に困っている質問を抜き出しエクセルに貼り付けていきます。

 

 

「この質問はどうかな?」と悩むときはすべて抜き出しておいてください。

 

 

タイトルだけ抜き出さずに本文を必ず読んでみてください。

 

 

本文にヒントとなるキーワードが出てくることが多いからです。

 

 

抜き出したタイトルをどのように使うかですが
例えば上のキャプチャでいうと

「7 万円くらいお金を借りたいんですが、低金利の学生ローンのおすすめを教えてください」というのがありますね。

 

 

この場合だと

「7 万円 借りたい」

「低金利 学生ローン おすすめ」

といったキーワードをタイトルに入れてサイトを作っていきます。

 

 

まずは、このような形でどれだけ自分のデータベースとしてキーワードを拾い出せるかが大切です。

 

 

Q&A サイトをとことん利用するだけでも、どんなことでお金に困り、
どんなことに不安を持っているか?ユーザーの悩みにかなり詳しくなってきます。

 

 

その悩みを解消できるコンテンツと広告を紹介してあげることで成果は出てきます。

 

 

そんな複合ワードって検索するの?

と疑問を持つ方もおられるかもしれませんが実際にいるんですね。

 

 

ただ、アクセスは多くはありませんがライバルも少ないですしキーワードに沿ったコンテンツを見せてあげることで必ず成約します。

 

 

作っても全くアクセスのないサイトも出てくるでしょう。

 

 

私もそんなサイトを山ほど持ってます(^^;)

 

 

初めからすべてのサイトで成果を出そうと思わず色々なキーワードでサイトを作成し、成約するキーワードを探っていくといった考えで取り組んでいってください。

 

 

今、ある複合キーワードで作成したサイト群のアクセス解析を見てみると以下のキーワードがありました。

 

 

「お金ない時 誰に借りる」
「年収 以上にお金を借りたい」
「速 300 万円借りたい」
「身内からお金を借りる」
「金融会社に借りるか親に借りる」

 

 

これらのキーワードならどういったコンテンツを見せて広告に誘導しますか?

 

 

一度、皆さん考えてみてください。

 

 

自分がお金に関する悩みがあっても、「最適なキーワードで検索すること」ができないユーザーが圧倒的に多いんですね。

 

 

お金を借りたいからと言って、みんな「キャッシング」と検索するわけではないんです。

 

 

特に初めてキャッシングをしようと思った方やネットにもあまり慣れていない方に多い傾向です。

 

 

このことを忘れないでください。

 

 

金に困っている人の悩みを徹底的に調べます。

 

 

何故お金を借りなくてはならない状況になったのか?

 

 

いくら必要なのか?
誰に相談したか?
その時の心理状況は?
誰に借りたのか?
希望額は借りられたのか?
金融会社に申し込むのに不安は?

などなど

 

 

このへんを切り口にキーワードを選定して
記事を作りこんでいく事で訪問者に響く文章になりますし成約にも関わってくるという事です。

 

 

インターネットを使いアフィリエイトで稼ごうとした瞬間、
人はユーザー(訪問者)の意識をつい忘れてしまいます。

 

 

このことを常に意識してみて下さい。

 

 

全てのジャンルのアフィリエイトに共通する部分ですので。

 

ネットビジネスについて キーワード ネットビジネスについて    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

comment closed

マルの講義に無料登録をして学んでみませんか?